Interview01

Interview02カスタマーサービス

刻々と変化する物流ビジネス。
適応力と瞬発力が大切な条件に。

輸入営業部 芝輸入営業所 佐藤 なるみ 2015年入社 / 異文化コミュニケーション学部
異文化コミュニケーション学科卒

Profile

学生時代、近鉄エクスプレスに勤務している知人から、国際物流ビジネスの面白さ、社員の人柄、女性が働きやすい会社であることなどの話を耳にし、自分に合っていると感じたのが第一印象だった。また、「中国にいち早く進出した日系物流業者」として、アジア圏の物流に力を入れているところも魅力的で、入社を決意。入社後、名古屋輸入営業所、東京輸入通関センターでCS(カスタマーサービス)として経験を積み、2019年、海外研修生として米国へ。2020年から現職。

仕事風景

現在の仕事内容

もう一歩、お客様に近いポジションで
世界からの輸入業務をサポートする。

私がいる芝輸入営業所は、海外から船舶や航空機で貨物を輸入するお客様を担当する拠点です。その中で私は現在、CS(カスタマーサービス)とIS(インサイドセールス)を兼務しています。輸入営業のCSは、貨物の輸入に必要となる申告書類の確認や納期の調整など、お客様のサポートが中心ですが、ISはさらに踏み込み、お客様へ輸送プランの提案やサービス品質の見直し、輸出国側の当社海外法人スタッフとのやりとりも担当しています。
半導体部品から医療機器、アパレル、食品、玩具など、担当するお客様の業種は多様。輸入の手配のやり方もお客様それぞれに異なり、これまでの常識にとらわれない柔軟な適応力が求められます。また、関わる業種が幅広いため日々学ぶことも多く、自分たちが携わる輸入貨物を通じて世界の動きをいち早く身近に感じることができる。それが、この仕事のやりがいであり面白さだと感じています。

仕事風景

印象に残るプロジェクト

状況に応じた緻密な対応で、
次なるビジネスチャンスを切り拓く。

最近では、コロナ禍も少し落ち着き、各国にあるサプライヤーの生産が活気を取り戻しつつあります。その一方で、航空・海上ともに国際輸送は未だに混乱状態にあり、緊急な対応を迫られる案件が増えています。
あるお客様の対応では、大量の貨物の迅速かつ正確な輸送を実現するために、ほぼ毎日お客様とリモートミーティングを行いました。ミーティングでは、現在輸送中の貨物のスケジュールを逐一お客様に報告するとともに、お客様から翌週の出荷状況などを伺い、輸出国側の当社担当スタッフにフィードバック。このような緻密な対応を約1カ月にわたって進めたことで、大きなトラブルもなく無事に輸入手配を完了できました。お客様からも高い評価をいただき、これまでアジア1拠点だったお取引が、欧米を含め3拠点に拡大。お客様ばかりでなく、当社の利益にも大きく貢献するプロジェクトになりました。

仕事風景

転機となった出来事

目標が明確になった、
米国アトランタでの海外研修。

「海外で働きたい」――。そんな思いで当社を志望した私。2019年から1年間、海外研修生として米国のアトランタ輸入営業所に赴任しました。正直、海外勤務については華々しく楽しそうなイメージを思い描いていました。しかし、アトランタで先輩社員の仕事ぶりを間近に見て直接話を聞くうちに、決して容易ではないことに気づきました。中でも、バックグラウンドや、働くことに対する意識も多様なスタッフをマネジメントし、組織として成長させていくことの難しさは並大抵ではありません。しかし私は、そこで尻込みするのではなく、「だからこそチャレンジしてみたい」という気持ちが湧いてきました。
この目標に一歩一歩近づいていくために、今は改めて国内で経験を積んでいる最中です。最近感じているのは、国際物流という仕事の奥深さ。お客様の業種によって必要となる知識も変化し、国や地域ごとに物流のスキームも異なります。また、最近のコロナ禍やゼロエミッションといった世界の動きも私たちの業務にダイレクトに影響を及ぼす。こうした、刻々と変わる業界だからこそ、やりがいも大きいのだと実感しています。

1日の流れ

9:00
出社後、メールチェック。その後、到着した貨物の手配、顧客からの問い合わせなど、優先順位を考えながら対応
11:00
社内ミーティング。午後にある顧客ミーティングに向けて情報などを整理・検討
12:00
社内のラウンジで同僚とランチ
13:00
現地スタッフや顧客との電話対応。各輸出地からの出荷、問い合わせ、通関対応など
15:00
社内勉強会。社内スタッフが講師になり月1ペースで開催
16:00
顧客とリモートミーティング。業界情報の提供、輸送状況の報告、顧客からのフィードバックなど
18:00
メールチェック。合間に、翌日の貨物の確認、欧米拠点への対応、請求データ作成などを行う
19:00
退社

1カ月間の仕事内容の割合の割合

既存顧客対応

60%

輸送スケジュールの報告、翌週の出荷状況の確認などに加え、輸送プランの提案など営業寄りの業務も担当。

KWEはどんな会社?

若手が活躍できる、
「人」が良い会社!

物流の仕事は時間勝負の面もあるため、率直に言って忙しい日も多いですね。その場でスピーディーに決断しなければならない場面も多く、若手のうちから責任のある仕事に携われます。仕事の内容も濃く、毎日学ぶことがたくさんあります。しかし、忙しいからといって殺伐とした空気感はなく、和気あいあいとした人間関係も当社の良いところ。仕事の合間には、最近始まったドラマや新発売のスイーツの感想を言い合ったり、趣味や旅行の話をしたりと、緊張感がありながらも楽しい環境で仕事に取り組んでいます。

Other Interviews

INDEX

営業

輸出営業部 すみだ輸出営業所

田中 朋成

通関

東京海上通関センター

清水 建太

オペレーション

東京輸出オペレーションセンター

忍 サシャ 愛理

海外駐在員

Kintetsu World Express (U.S.A.), Inc.
Atlanta Import Branch

向後 和也

海外駐在員

Kintetsu World Express
(Vietnam), Inc.

野山 奈津美

経理

コーポレート・ファイナンス&
アカウンティング部(CFA部)

奥山 幹也

情報システム

Corporate Information Technology
Department(CIT部)

松坂 瞳子