仕事を知るWork Style

安登 文彦

名古屋輸出営業所 久保田 貴之

2009年に入社し、都内の輸出営業所で主に半導体関連顧客の営業デスク業務を担当後、2014年9月より1年間、海外研修生としてアメリカのポートランドへ赴任しました。その後、2015年9月より神戸輸出営業所にて営業を担当しています。

とある一日

とある一日のスケジュール

01.現在の仕事内容について

主に自動車、化学品関連のお客様を中心に営業を担当しています。既存のお客様に対しては、KWEが提供させて頂いているサービスが問題なく機能しているかどうか確認を行うため、定期的に顧客訪問を行っています。また一方で、新規のお客様の開拓をするべく、現在お取引きのない企業に電話をしたり、訪問営業を実施しています。

02.印象に残った仕事

アメリカで研修中だった2015年、米国西海岸の港湾労働者の抗議活動の影響によって、アメリカへ輸入手配を進めていた貨物が配送出来ない事態が発生しました。なんとか手配を進めるため、お客様と一緒になって、新たに東海岸からの輸送ルートを構築するなど、前例のない困難な輸送案件にチャレンジすることが出来ました。その甲斐もあって、お客様の製造ライン維持のために必要不可欠な素材を納期内に配送することが出来ました。配送を終えた際にお客様の工場内で拍手が沸き上がったことは一生忘れられない経験です。

03.仕事の厳しさを感じたエピソード

物流に関わる仕事は、常に時間との戦いです。お客様から依頼を頂いた案件には納期が決まっており、依頼を頂戴したからにはその納期から遅れることは許されません。悪天候や海外での急なストライキや航空機のエンジントラブルなど、様々な事態に対して瞬時に代替案を模索・提案・実施することが求められます。
そのような自分ではコントロール出来ない事象に対応するのは非常に大変ですが、そうした事態を打開する瞬発力こそが、KWEの強みであると感じます。

memberphoto
memberphoto
memberphoto
memberphoto memberphoto memberphoto

04.やりがいや魅力

営業としては、競合他社のサービスを利用しているお客様に対して、現行と異なるスキームでの輸送を提案して採用された時、またその結果として、KWEに任せて良かったと言って頂いた時に大きな喜びを感じます。KWEは物流を通したサービスを提供する会社ですので、そのサービス品質は"人"によって左右されます。その分、自分自身の想いやこだわりを輸送サービスという形で表現できる仕事である点にやりがいを感じています。

05.KWEを選んだ理由

社員訪問や会社説明会等を通して出会った方々が、皆様一様に真摯な姿勢で接して下さり、サービス業という点において間違いなくプロフェッショナルであると感じたからです。

学生の皆さんへ

日本には数多くの優良企業・団体があります。株価が安定している、年収が高い、福利厚生が手厚い、残業が少ない等々、いろいろな要素で会社の評価が決まります。ただし、皆さんが就職するにあたって求める要素は何でしょうか。それを見つけるためには、企業・業界研究は大切ですが、自分自身にとって納得出来る就職先を見つけるためには、企業・業界研究と同じくらい自己分析が大切なのではないかと思います。皆さんにとって悔いの無い就職活動が出来るよう願っています。